ファッションの悩み

お金がもったいなくて服が買えない!※高い服を買わずお洒落になる5つの方法。

2019年4月2日

『服を買うのが、もったいないから(必要でも)買えない。

妹ゆい
そう考えている向けに、おすすめの解決法を5つお伝えします

友達との食事会・異性とのデートなど、プライベートなものから

仕事用のオフィスカジュアルまで、意外と必要な洋服のラインナップ。

ですがファッションには流行りがあったり、服がすぐにダメになったり

他にもお店に行くのがめんどうだと、感じてる人は少なくないです。

とはいえダサい服装で、人前に出るわけにもいかないわね。
姉ゆき

そこで今回はお金をかけるのを、もったいない感じる方に対して

高い洋服を買わなくても、最低限の着こなしを身につける方法を紹介します。

 

\コーデを選んで、丸ごとレンタル/

送料無料で、追加料金は一切かかりません。

 

【お金がもったいないから】服が買えない・捨てられない

そもそも【もったいないから】服に、お金をかけたくない・買いたくない方の多くは

以下のような「ファッション(洋服)」に関するデメリットを感じています。

もちろんお洒落にはなりたいけど、買うのを躊躇していることが多いわね。
姉ゆき

ファッションの「流行り・廃り」

まずファッションにはその【シーズンのトレンド】である、カラー・デザインがあります。

このような流行はファストファッションのお店でも、その時期になれば多く取り揃えられます。

店員さんも『このカラーが今年の流行りです!』って売り文句を言うわよね。
姉ゆき

ですがそのトレンドは言ってしまえば、期間限定でしかお洒落に見えない洋服が多く

来年になれば時代遅れのデザインになり、もしかするとダサいと感じられるかもしれません。

(ファッションンの)流行の寿命は短く、買っても次にシーズンになってしまえば

着られなくなりクローゼットでタンスの肥やしになるので、もったいないと感じてしまいます。

値段と品質にある「ギャップ」

次に金額面で洋服にお金をかけることを、もったいないと思う人もいます。

ファッションにあまり興味がない人からすれば、同じ衣類なのにブランド品かどうかで

値段が全然違い、わざわざ高い服を買うことが理解できないですよね。

妹ゆい
しかも、それが金額に合った(裁縫など)品質かどうかは別です。

なのに(仮に機能性は良くても)デザインが良くなかったり・ノーブランドだったりすると

周囲はあまり良い印象を持たず、最低限お洒落な服装を求めてきます。

(捨てられない)収納にも困る

そしてトレンドに合わせて洋服を買い続ければ、クローゼットに洋服が増えていきます。

妹ゆい
せっかく買ったんだし、捨てるのももったいない

と感じる人も多いですが、仮に持っていてもシーズンを過ぎた洋服は正直着られません。

中には【昔買った高い服】も捨てずに持っている人もいて、洋服が増えれば増えるほど

「処分することへの罪悪感」を感じて、なかなか捨てられないケースが多いです。

「汚れ・色落ち・毛玉」のケアが手間

また(セーターにつく)毛玉や、汚れ・よれなど洋服は定期的にメンテナンスが必要になります。

子供を持つお母さんであれば家で着ると、食事中などすぐに汚れてしまうという口コミも。

どうせ可愛い洋服を買ったとしても、後で傷んだり・汚れたりすることを考えると

わざわざ新品の洋服を買わずに、(毛玉が付いていても)同じ服を着たくなる気持ち分かります。

(見栄を張った)高い服は似合わない

また特に高い服を買うのを、もったないと感じる方に多いのが

妹ゆい
どうせ私が着ても、高い服は似合わないし。

という口コミです。

【ハイブランドになると】かなり個性的なデザインの洋服も多く、正直着こなすのが難しかったりします。

お金持ちの人であればアウター・ボトムスそれぞれに合った、ブランド品を大量に持っているでしょうが

そもそも服のレパートリーが少ない人であれば、もったないと感じて当然です。

着こなし方が難しい上に・メンテナンスも手間になるので、あまりおすすめ出来ません。

 

\返却期限なしで洋服が借り放題/

着終わったら箱に詰めて、そのまま返送するだけ。

 

【お金をかけずお洒落を楽しむ】おすすめの解決法5選!

このように服にお金を使うことに抵抗がある方でも、少なからずお洒落になりたいとは思われています。

化粧や髪型と同じでファッションも、ご自身のイメージを決める要素の一つです。

ここからは最低限お金をかけずに無駄なく、お洒落な洋服を着こなしていく方法を紹介します。

(洋服を買わずに)レンタルする

まず【もったないと感じている方】におすすめなのが、洋服を買わずに借りるという方法です。

最近お昼のテレビなどで特集されたことで、現在利用者が増えているのですが

洋服レンタルサービスは、月額制で毎シーズンの「最新トレンドの洋服」が借り放題になります。

アプリで簡単にレンタル出来たり、スタイリストに選んでもらうことも出来るわ。
姉ゆき

(洋服を買わずにレンタルする場合は)返却期限なしで好きなだけ、借りられて飽きたら返却するだけでOK。

しかもクリーニング不要なのでお金を節約できて、クローゼットに洋服が増えることもありません。

妹ゆい
もったいないと感じている人の要望を、全てかなえているサービスですね。

女性専用の洋服レンタルだと『EDIST CLOSET』が、特に人気があります。

 

\コーデを選んで、丸ごとレンタル/

送料無料で、追加料金は一切かかりません。

 

※より詳しく知りたい方は、以下「年代別のおすすめ洋服レンタル」をご覧ください。

>>20~30代向け

>>40~50代向け

>>10代~大学生向け

 

(自分に合う)定番コーデを決める

もし洋服を借りずに買う場合は、やみくもに買い物するのではなく「自分が好きな定番コーデ」を先に決めます。

これは今までの自分の着てきた服から選んでもいいですし、他の人の着こなしを参考にしても良いと思います。

自分にとってユニフォーム(制服)コーデを先に決めると、洋服選びも無駄なく簡単になりますよ。

男性なら「ジャケット×パンツ」、女性なら「ブラウス×スカート」など決めておくと楽ね。
姉ゆき

自分のユニフォーム(制服)の中で、色違い・デザイン違いを選んでいくと

洋服を買って失敗したと感じることもなく、コーディネートも増えるのでおすすめです。

ファストファッションで冒険する

洋服を買う場合は高いブランドショップではなく、ファストファッションのお店で十分です。

【ZARA・H&M・UNIQLO・FOREVER21】などのお店でも、コーデ次第では安くお洒落に着こなせます。

あまり高い服にこだわらなくても、ファストファッションで自分らしい着こなしを見つけてみてください。

(思い切って)洋服を断捨離する

また既にクローゼットにたくさん着ない服がある場合は、思い切って断捨離することも大事です。

自分の定番コーデで統一したほうが、毎朝着こなしを選ぶのも楽になるので

もったいないと感じるかもしれないですが、昔着ていた服は捨ててしまいましょう。

これから服を極力捨てないよう、意識することが大事ね
姉ゆき

(雑誌などで)流行を追い過ぎない

このように洋服を捨てるのを避けるために、あまり流行を追い過ぎないことも大事です。

女性の方であれば毎月雑誌を愛読し、トレンドを勉強している方も少なくありません。

ですが一番大事なのは(流行ではなく)自分のスタイルで、長く着られる洋服を選ぶこと。

着るシーズンを選ばず自分の好きな洋服であれば、後々捨てる必要もなくなりますね。

【服が買うのがもったいない人にアドバイス】まとめ

服を買うお金が持ったないと感じている人向けに、何点かおすすめの解決法を紹介しました。

個人的には「クローゼットに洋服が増えない」や「気に入らなければ返却できる

毎シーズンでかかる衣服代を節約できる」など、メリットが多い洋服レンタルが良いと思います。

メンズ・レディースはもちろん、年代別でおすすめは違うので是非チェックしてみてください。

-ファッションの悩み

Copyright© 洋服レンタルする妻たち , 2020 All Rights Reserved.